FC2ブログ

タイトル画像

ワルブッター ハイパーアカンベェ、完成しました。

2017.09.02(02:50) 103

★ガレージキットディーラー・だっふんだぁ様の作品です。
以前製作したハッピーロボの敵役ですが、誰がコレをプリキュアのキャラだと思うでしょうか?
思い切りスーパーロボットです。
ロボットいっぱい出てくる某ゲームにも、ハッピーロボと一緒に出て欲しいですね。

アカンベェ01

アカンベェ02

合体変形が可能の上に、驚異の可動設計。
さらにマスターグレード級かと思いきやパーフェクトグレード級の超大型キットでした。
とにかく巨大で破格の迫力です。

アカンベェ03

アカンベェ04

キット内容では針金を使用しての可動ですが、明らかに市販の球体関節を使用可能な設計です。
なので関節は可能な限り球体関節に変更しました。
しかし以前に作ったハッピーロボも同じなのですが、大型キットなだけありパーツの重さに球体関節の保持力が厳しいです。

アカンベェ05

合体変形のために、差し替えパーツ数カ所にネオジウム磁石を設置。
パーツ交換も簡単です。
分離後の上半身の頭部は、ひっこんだ感じの形状。
ここは“角以外”を差し替えとなります。
「どうせなら角パーツをもう1個入れてくれれば、頭部全体を交換で済むのに!」とも思いましたが、ここは原型師さんの強いこだわりを感じるトコロです。
(逆に交換仕様で作る方が手間ですよね)
このようなパーツ構成なので、磁石接続は効果的だと思います。

アカンベェ06

下半身パーツ。
上半身との接続パーツが差し替えとなりますが、基本的に脚を開くのみのシンプルな形状。

アカンベェ07

この尻尾は1関節つづ別パーツ化されており、内部に針金を通す事により可動します。
これがまた長くて重いのですが、尻尾が“支え”の役割を果たし、巨大可動キットに関わらずしっかりと自立する事が出来ます。

アカンベェ08

それにしても、このデザインは秀逸ですね。
ふざけたモチーフながらも、驚く程にカッコいい。
その魅力を余すこと無く立体化した原型師さんの技術力と愛にも脱帽です。
スポンサーサイト


ガレージキット製作代行フライシュバロン


プリキュア トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<島風(休憩ver)、完成しました。 | ホームへ | ワンダーフェスティバル2017夏の思い出・その2>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する