FC2ブログ

タイトル画像

ディアンヌ&黄泉沢さんのベースを作ります。

2016.03.09(01:09) 18

★サーペントシン・ディアンヌと黄泉沢さんの塗装も大詰め。
完成までもう少しです。
ここでそろそろベースの製作に入ります。

★黄泉沢さんは体操着。
校庭の地面をベースにしようかと思いましたが、よく見ると靴が上履きなので室内・・・体育館がいいでしょうか?
という訳で体育館の床をベースにします。

簡単にホームセンターで売っている“木目シート”を貼り付け線を引くだけでもいいのですが、ドール系のジオラマなどを見ると本物の木板を貼り合わせて床を製作している人が多いです。
過剰表現なのですが、その方が模型的に見栄えがいいようですね。

なので今回、フライシュバロンでも木板を1枚1枚貼り合わせ体育館の床を表現してみました。

黄泉沢さんのベース

板を貼り合わせてから、少しだけペーパーをかけてなだらかに。
本当の体育館ならツルツルなのでニスを塗るべきなのですが、そのままの方が木目も綺麗で雰囲気がいい気がします。

軽く白いラインを引いて体育館ベースの完成です。

★次にディアンヌのベースを製作します。
大地の魔法を使う巨人族のディアンヌの特徴を少しでも表現しようかと思い、岩場にしました。

まずは発泡スチロールを適当に切り出し、接着剤(タミヤセメント)を塗り溶かします。
接着剤を塗るとエイリアンの血液をぶっかけられたようにジュブジュブと溶けていきます。
いい感じに溶けたら、円形に切り抜いたコルク板に接着。
全体にモデリングペーストを塗りたくり、表面をコート。
これはテクスチャーを付けると同時に、塗料を乗りやすくする役目があります。

ディアンヌベース01

次に基本色を塗ります。
岩はサンド系かグレー系かで迷いましたが、ディアンヌの服が黄色系なので、その色を活かすためにグレー系にしました。

ディアンヌベース02

岩場に濃いグレーを塗ったら、あとはとことんドライブラシ。
「基本色」→「濃いグレー」→「普通のグレー」→「薄いグレー」→「ほぼ白なグレー」
と4段階でドライブラシをかけました。

ディアンヌベース03

岩のドライブラシが終わったら、地面にパウダーをまぶしていきます。
地面の塗装と岩との境界を隠すようにブラウン系のパウダーを乗せ、さらに適度にグリーンで草を表現。
地面と岩が、かなり馴染んできました。

ディアンヌベース04

さらにミニネイチャーシリーズの“草”をところどころに生やします(写真じゃちょっと見難いけど)。
地面だけではなく、岩場にも少し生やしてあげるといいです。
フワッと生えているのが草です。

ディアンヌベース05U

パウダーや草が定着したら木製のベースに貼り付けます。
接着には木工用ボンドを使用。
コルク板との相性は抜群です。
木製ベースを付けると一気に豪華になった感じになりますね。
(この木製ベースはオイルステインで着色した後、ニスを2度塗りして仕上げてあります)

ディアンヌのベースの完成です。

ディアンヌベース完成

★黄泉沢さんのベースもディアンヌのベースも基本料金内での製作です。
このくらいでしたら別途料金はかかりませんので、フライシュバロンご利用の際には遠慮なく相談してください。
スポンサーサイト


ガレージキット製作代行フライシュバロン


七つの大罪 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<マリーのアトリエ・ディオラマセット製作開始しました | ホームへ | 駆逐棲姫、軽く電飾してみましょう>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する